Topics
ブログ・コラム

汚れの種類と掃除方法について

query_builder 2022/02/15
コラム
23
掃除をしてもなかなか落ちない」という経験はありませんか?
実は、汚れの種類によって掃除方法を変える必要があるのです。
そこで今回は、汚れの種類とそれぞれの掃除方法について解説します。

▼汚れの種類と掃除方法
汚れは大きく4種類あり、種類によって掃除方法を変える必要があります。

■油性
油性汚れとは、油系の汚れ全般のことです。
例えば、皮脂や食用の油・ロウソクなどが該当します。
油性のため、水だけでは綺麗に除去することは難しいです。
そのため油性汚れは、専用の洗剤などを使用して掃除すると良いでしょう。

■水溶性
水溶性とは、その名の通り水に溶けやすいものです。

・食塩
・砂糖
・水に溶ける調味料全般
・果物の果汁
・スープなどの汁物
など

このような水溶性の汚れが付きやすいものとしては、衣類です。
水溶性のものが付着したままにすると、衣類の繊維を硬化させる性質があります。
そのため汚れが衣類に付着した際は、すぐに流水で洗うと良いでしょう。

■固形
固形では以下、目に見えるものから微細なものまであります。
代表的なものとしては、塵・ホコリ・砂・毛髪などです。
固形の多くの汚れは、掃除機や空気清浄機・換気などで除去できます。

■菌
汚れの中で一番厄介なのが菌ですが、代表的な菌としてはカビと言えるでしょう。
カビは水分を媒介に増殖するため、湿気の多い場所や雨季などに発生しやすいです。
カビを除去するためには、カビ専用の漂白剤などに含まれる次亜塩素酸塩で除去を行います。
除去後は、カビは繁殖させないように乾燥させることが最も重要です。

▼まとめ
今回は、汚れの種類とそれぞれの掃除・除去方法を解説しました。
それぞれの汚れに対して、適切な方法で掃除を行うことが大切です。
自分で掃除しても落ちない汚れなどは、プロに依頼することをおすすめしますよ。
弊社では、多様なお客様のニーズにあわせ様々なお困りごとを解決いたしております。

NEW

  • 便利屋に依頼の相場

    query_builder 2024/04/06
  • 事務所新設

    query_builder 2024/02/28
  • コンクリート屋根の防水塗装

    query_builder 2024/01/19
  • 新年の挨拶

    query_builder 2024/01/05
  • 大木の伐採です。

    query_builder 2023/11/23

CATEGORY

ARCHIVE